<kbd id='7e9d3891c6'></kbd><address id='7e9d3891c6'><style id='7e9d3891c6'></style></address><button id='7e9d3891c6'></button>

          美女销魂

          ロシア - 畫期的権限委譲? 首相と閣僚全員が辭任

          ピーター?ケーニッヒGlobal Research2020年1月16日 今日1月15日、畫期的なニュースで、プーチン大統領は、國民への年次演説で、政府の大規模な変化を発表した。最初に、彼はドミトリー?メドベージェフ首相と彼の閣僚全員が辭任し、最終的に新首相と新閣僚に置き換えられると発表した。日程説明はなかった。當面、...

          » 続きを読む

          野蠻人連中に運営されている歐米

          2020年1月11日ピーター?ケーニッヒNew Eastern Outlook 我々は一體いつまで、アメリカ支配者連中の暴君的命令を受け入れるのだろう? 狀況は日ごとに益々悪化しているが、歐米世界の「指導者連中」(病んでいる、実に病んでいる!)が、益々、アメリカ殺害機構に屈服しており、歐州連合の全加盟諸國の指導者や、...

          » 続きを読む

          美女销魂

          イランでの抗議行動はワシントンの畫策

          2020年1月13日Paul Craig Roberts 抗議しているイラン學生、イラン政府、誰が最も愚かか知るのは困難だ。 ロシアや中國の政府と同様、イラン政府は、彼らの敵ワシントンやイギリスがNGOに資金供給し、イランで活動するのを許している。無頓着で実に愚かなイラン人學生たちは、外國に資金供給されるNGOから...

          » 続きを読む

          美女销魂

          「イランは普通の國のように振る舞い始めなくてはならない」と言う全く普通の國

          2020年1月13日ケイトリン?ジョンストンCaitlinJohnstone.com リアリティーテレビ番組司會者が率いる地球規模の帝國を運営する政府が、イランという國には、普通さが欠如しているという話をし続けている。 「我々が全ての國に參加するよう望んでいるの」は「我々がイランとの緊張を緩和させるだけでなく、彼ら...

          » 続きを読む

          2020年1月14日 (火)

          トランプの制裁恫喝が、ここ數十年間のアメリカ計畫を暴露:イラクの完全植民地化

          2020年1月11日ラミン?マザヘリ PressTVと同時掲載The Saker ラミン?マザヘリはPress TVのパリ支局長で、2009年からフランスに住んでいる。彼はアメリカで日刊紙記者をつとめ、イラン、キューバ、エジプト、チュニジア、韓國や他の國々から報道した。彼は「I’ll Ruin Everything ...

          » 続きを読む

          2020年1月13日 (月)

          イランの英雄が倒れ、今世界は一層危険になっている

          2020年1月7日Andre VltchekNew Eastern Outlook 彼は貧しい出自で、艱難辛苦して出世し、多くの人々がイランで二番目に有力な人物と見なす人物になったのだと言われている。彼はイランの次の最高指導者になる可能性があったと言われている。 イランを訪問する時はいつも、彼がどれほど國民に愛され...

          » 続きを読む

          2020年1月12日 (日)

          イラク議會決定にもかかわらず、アメリカは、なぜ撤退しないのか?

          2020年1月10日ピーター?ケーニッヒのSakerブログ寄稿The Saker なぜアメリカは、イラク議會の決定に敬意を払って、イラク領土から撤退しないのだろう。簡単に言えば、アメリカは、アメリカの狙いに合緻しない限り、どんな國の決斷にも主権にも敬意を払わないためだ。 今、アメリカは斷固地域を去るまい。既にアサド...

          » 続きを読む

          2020年1月11日 (土)

          信用失墜したアメリカ指導部 - 新指導者は名乗り出るだろうか?

          2020年1月7日Paul Craig Roberts 今朝(1月7日)國務長官として我々が悩まされている厄介もの、ポンペオが、テレビでイランと「対決して、封じ込める」と約束した。(大した戦歴のない)政治家将軍が、諜報情報を見たが、ソレイマーニー暗殺が攻撃を止めたのは確かだったと宣言する特集だった。もしこの将軍がその...

          » 続きを読む

          2020年1月10日 (金)

          アメリカ帝國のイラク民主化の情熱、魔法のように消滅

          2020年1月6日ケイトリン?ジョンストンCaitlinJohnstone.com 外國軍隊を國から追い出すというイラク議會での投票後、アメリカ大統領は報復としてイラク経済を破壊し、軍事基地に要した何十億ドルもの経費が支払われなければ撤退を拒否すると脅した。 「もし彼らが我々に、非常に友好的な基盤ではなく、撤退す...

          » 続きを読む

          2020年1月 9日 (木)

          レジスタンス樞軸、ガーセム?ソレイマーニー仇討プロジェクトを発表

          2020年1月6日Moon of Alabama マスコミは、ガーセム?ソレイマーニーと人民動員隊PMUのアブ?マハディ?ムハンディス副司令官暗殺というトランプ決定に関するおとぎ話を語り続けている。一方、抵抗樞軸は、彼らの死に対して、どのように復讐するか発表した。 アメリカ?マスコミは、ガーセム?ソレイマーニーの説...

          » 続きを読む

          «イラン、ソレイマーニー将軍の死後暗殺

          お勧め

          • IWJ
            岩上安身責任編集 – IWJ Independent Web Journal

          カテゴリー

          ブックマーク

          最近のトラックバック

          無料ブログはココログ